マイクラデータパックの入れ方を紹介していきます!

マイクラ初心者

今回はマイクラのデータパックの入れ方を解説していきます。

データパックはmodではないんですがテクスチャなどを使って銃などを追加することができるものです。

modを導入できない人などにはおすすめなのでぜひぜひ入れ方を学んで参考にしてほしいです。

ちなみに今回はjava版のやり方を紹介していきます。

統合版ではないのでご注意ください。それでは早速入れ方を解説していきます。

D-SCHOOLでマイクラプログラミングをしてみよう!

D-SCHOOLのマイクラッチはマイクラでプログラミングをすることができます(java必須)

今なら無料で30日間体験することができます。

無料版はできるのは限られているもののマイクラでできるプログラミングもあります。

気になったら是非無料体験をしてみてください。

ここでD‐SCHOOLの内容をまとめています。

\30日無料体験してみる/

スポンサーリンク

マイクラデータパックの入れ方

早速データパックの入れ方を解説していきます。

この記事を参考にデータパックを入れてもらえればなと思います。

手順1 データパックを入れたいワールドのフォルダを開く

まず最初にマイクラを起動してデータパックを入れたいワールドにいきましょう。

ここからフォルダを開いていく方法を解説します。

入れたいワールドを選択したら編集を押しマス。

このようにワールドを選択すると編集というのが推せるようになります(画像の赤い枠)

この編集を押してください。

そしたら上から2番目にワールドフォルダを開くが出てきます。

押すことでワールドのフォルダを開くことができます。

ファイルの中にdatapacksがあるので後はそこに入れたいデータパックを入れればOKです。

入れた後は選択したワールドを開いてみて導入されていれば成功です。

どう?意外と簡単でしょ?

マイクラデータパックの入れ方

今回はマイクラのデータパックの入れ方を解説していきました!

慣れてしまえばかなり簡単です。ポンポンポンって感じですることができます。

modができない人でもデータパックはいれることができます。

気になる方はぜひやってみてください!

D-SCHOOLでマイクラプログラミングをしてみよう!

D-SCHOOLのマイクラッチはマイクラでプログラミングをすることができます(java必須)

今なら無料で30日間体験することができます。

無料版はできるのは限られているもののマイクラでできるプログラミングもあります。

気になったら是非無料体験をしてみてください。

ここでD‐SCHOOLの内容をまとめています。

\30日無料体験してみる/

コメント

タイトルとURLをコピーしました